酵素の1日の摂取量は?どんな食べ物に含まれてるの?

酵素とはたんぱく質の一種であり、人間の消化や吸収、代謝、運動などさまざまな部分の働きに関わっています。

人間

人間が生きていくためには欠かせない成分ですし、積極的に摂取していくと良いでしょう。

 

ちなみに酵素は人間だけでなくすべての生物の体内に存在していますし、さまざまな種類があるということが分かっています。

 

血液

体内に十分な酵素があると代謝や血液の循環などをスムーズに行うことができます。

 

それによって健康や若さをキープできるということですが、加齢や偏った食生活などが原因で酵素の量は減少してしまうこともあります。
そうすると老廃物が溜まりやすくなりますし、疲れや病気などの原因になってしまうこともあります。

 

酵素は年齢を重ねるごとに減ってしまうため、若い頃よりも太りやすくなったと感じてしまうことがあります。
代謝が滞ることで脂肪が燃焼されにくくなりますし、太りにくい体質になってしまうということです。

 

 

また便秘にもなりやすくなりますし、肌荒れやニキビなどの肌トラブルも起こりやすくなります。

肌荒れ

肌年齢にも影響が出てしまうということですが、新陳代謝が悪くなるとシミができやすくなりますし、血液の流れが悪くなってしまうこともあるため、体内の酵素をしっかり保つことが大切です。

 

生酵素はレタスなどの野菜やフルーツ、味噌、納豆などの発酵食品に多く含まれています。

 

また、最近では生酵素サプリというのも販売されていますし、そのようなものを利用すれば手軽に生酵素を補っていくことができます。

 

私も生酵素サプリにお世話になってます♪

 


 

代謝酵素は人間の体内にある成分であり、栄養素を消化することで生命活動を支えていることはもちろん、デトックスや免疫力にも関わっています。

 

食物酵素はレタスなどの野菜やフルーツに含まれており、消化をサポートしています。

 

生酵素は確認されているだけでも4000種類以上あると言われており、消化と代謝、食物という3つの種類に分類することができます。

 

消化酵素

ご飯

消化酵素は人間の体にもともとある成分であり、食べ物を消化して吸収しやすくするという働きがあります。

 

ご飯などのたんぱく質を分解する物質やお肉などのたんぱく質を分解する物質、脂肪を分解する物質などがあり、これらの消化酵素が分解して栄養素を全身に運び、生命活動を支えています。

 

 

代謝酵素

代謝酵素は運動や呼吸、血液の循環、心臓の働きなどに関わっていますし、体内の毒素や老廃物を排出する役割も担っています。

 

デトックス作用や傷の修復、抗ウイルスなどの免疫力にも重要な働きをしてくれるということですが、消化酵素と代謝酵素、この2つの酵素はもともと一つの成分だったということです。

 

しかし、体内活動によって消化と代謝のどちらかの酵素として活動するようになるということです。

 

体内酵素としての量は決まっており、消化に負担がかかってしまうと消化酵素の量が増えてしまいますし、代謝酵素が減ると体内に老廃物が溜まりやすくなります。

 

暴飲暴食

また、免疫力が低下する原因になってしまうこともありますし、過度なアルコール摂取や消化の悪い食事を続けるのは避けましょう。

 

 

食物酵素

食物酵素は人間の体ではなく、野菜やフルーツ、発酵食品などに含まれる酵素となっています。

 

食物酵素を摂取することでデトックスや腸内環境の改善などに役立ちますし、消化を助ける働きも期待できます。

 

食物から生酵素をたくさん摂ることで体内で使われる消化酵素を減らすことができますし、代謝を高めることで免疫力の向上に役立つでしょう。

 

食物酵素をしっかり摂取すれば代謝が良くなりますし、便秘や肌トラブル、冷え性、病気の改善効果を期待できます。
痩せやすい体質に導いてくれますし、リバウンドの防止にも繋がるでしょう。

 

 

生酵素は主にデトックスや腸内改善作用で注目を集めています。

 

体内に余分なものが溜まっていると太りやすくなりますし、肌トラブルや冷え性などの原因になってしまうこともあります。

 

また、血液の流れが悪くなると動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの原因になってしまうこともあるため、しっかり酵素を摂取して排出しやすい体質に変えていくと良いでしょう。

 

それによって気になるダメージから体を守っていくことができるのですが、最近ではその美肌効果も注目されています。

 

 

酵素が不足すると体に脂肪がつきやすくなりますし、肥満の原因になってしまうことがあります。

 

酵素を意識して摂ることで代謝がアップしますし、痩せやすい体質に導くことができるでしょう。

ちなみに、カロリーを減らすだけのダイエットだとリバウンドのリスクもありますが、体質を変えることでリバウンド防止にもなります。

 

3食の食事を生酵素サプリに置き換えるという方法もあります。これは効率よく健康的に痩せることができますが、体調に合わせて行っていくようにしましょう。

 

無理なダイエットは体調を崩す原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

 

 

おすすめは生酵素サプリ

食物酵素は多くの食品に含まれているのですが、40度でパワーを失ってしまいますし、生酵素サプリで摂っていくのがおすすめです。

 

食物酵素は野菜やフルーツ、納豆や味噌、ヨーグルトなどの多く含まれており、普段の食事からも補うことはできます。

 

 

キャベツ

野菜の中でもキャベツやニンジン、セロリ、レタスなどに多く含まれており、フルーツではパイナップルやアボカド、キウイ、バナナなどに多く含まれています。

 

どれも手軽に食べられるものなのですが、酵素は熱にとても弱いので調理法に注意しましょう。

火を通さずに生で食べることが必須条件であり、サラダなどにして食べるのがおすすめです。

 

しかし、生野菜を毎日食べるのが難しい場合、ジュースなどにして飲んでも良いでしょう。

 

食材に含まれる酵素にはそれぞれ異なる特徴がありますし、食生活に合わせて食材を選んでいくことも大切です。

 

炭水化物が多い人はキャベツやバナナを食べると良いですし、肉が好きな人はたんぱく質分解酵素の多いパイナップル、ダイエットを目指すなら脂肪の燃焼を促進させる納豆や味噌などを多く食べると良いでしょう。

 

 

ダイエット

また、ダイエット目的で酵素を摂る場合、カロリーの低いサプリを利用するのもおすすめです。

 

酵素の働きを助けるビタミンBやミネラルも一緒に摂るのが良く、それによってダイエット効果を高めることができるでしょう。

 

 

酵素の副作用について

酵素自体の副作用などはありませんが、大豆を使った発酵食品を多く摂取する時には注意が必要です。

 

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることが知られており、過剰摂取するとホルモンバランスに影響を与えると言われています。
特に妊娠中や更年期の女性が大豆イソフラボン由来のサプリを利用する場合、ドクターに相談した方が良いでしょう。

 

 

酵素の1日の摂取量は?

酵素は火に弱いので火を通した食べ物からは摂ることができません。

 

野菜や日本でよく使われている味噌、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれているのですが、最近では食生活の欧米化により、酵素の摂取量が減ってきていると言われています。

 

酵素は体に良いものですし、たくさん摂った方が良いと考えられています。

 

1日のどのくらい摂ったら良いのかということですが、必要な量は人によって異なっているということです。

 

年齢や食生活によって不足している量は異なっていますし、薬ではないので厳密な量が決まっているわけではありません。

 

もちろん体に良いものでも摂りすぎは不安だという人もいるかもしれません。

 

しかし、たくさん摂っても特に健康に害が出てしまうことはないと言われています。

 

管理人

生酵素サプリ選びや効果は私の体験談を参考にして下さい♪

矢印

生酵素サプリ効果体験談

ページの先頭へ戻る