生酵素サプリは中性脂肪を落とすのに効果的?

中性脂肪は必要なもの??

中性脂肪

健康診断等時に厄介な存在と認識され、嫌われる面もある中性脂肪ですが、実は人間が生きていく上で欠かせないもののひとつでもあるのです。

 

では、実際に中性脂肪とはどういったもので、体内でどの様な働きをしているのでしょうか??

 

人間の体の中の脂肪には、4種類の脂肪酸、中性脂肪、コレステロール、リン脂質が存在していますが、そのおよそ90%を占めているのが中性脂肪である、と言われています。

 

その別名は、トリグリセリド(トリアシルグリセロール、あるいはトリグリセライド)と呼ばれ、その主たる役割は生命活動維持の為のエネルギー供給源です。

 

この成分は肝臓でも作られる事はありますが、人間が活動をする時のほとんどのエネルギー源は食事由来です。

 

エネルギー

そして食事から摂取された糖質が、同様に食事に含まれる脂肪やタンパク質を資源に代謝されてる事で脂肪酸に変化してエネルギーとして使用されます。

しかしエネルギーとして使用されなかった脂肪酸は、時間経過を伴い酸化を受ける事で中性脂肪へと変えられ、体内のエネルギー供給源の不足の事態に備えて、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されていきます。

 

この状態がいわゆる贅肉として表れているのですが、一見不要と思われている贅肉も、内臓を外部刺激・衝撃から保護したり、体温を維持したりするのに一役かっており大切な存在なのです。

従って、生存していく上で当該脂肪を全くのゼロとする事は出来ず、多すぎてもいけませんが最低限は必要なものなのです。

 

 

ではその基準値はどの程度なのでしょうか??

健康診断によって定められている基準値は、実施している各病院によって設けられいるので、多少のバラツキがあります。

 

ですが、日本動脈硬化学会は正常値を150mg/dL未満と定めています。

 

加えて、この脂肪は容姿からは判断出来ず、痩せ型の人でも内臓脂肪が多いケースで高く出てしまう事も実は多く見られているのです。

 

ポイント
また、男性特有の現象というイメージもあるかもしれませんが、この値は性別に関係なく高くなり得るもので、女性の場合は特に更年期に差し掛かろうとする40代以降に注意が必要なのです。
なぜならば、女性ホルモンの減少が生じて閉経等として表れてくるからです。
女性ホルモンは当該脂肪を抑制する機能があり、ある年齢までは増えにくい環境にあっただけで、閉経を機会に数値がグッと上がるという事も珍しくないのです。

 

 

中性脂肪値が高くなってしまう原因とは??

中性脂肪値が高くなってしまう原因には

  • 食べ過ぎ
  • お酒の飲み過ぎ
  • 喫煙、運動不足
  • 遺伝

といったものが挙げられます。

 

糖質

食事において揚げ物等の高カロリーなメニューや外食の機会が多いケースでは、1日の摂取カロリー量の基準値をオーバーする傾向があり、また糖質を多く含む白米や麺類、パンも食べ過ぎには気を付けた方が良いでしょう。

 

飲酒については、アルコールが摂取されると肝臓で分解される前に中性脂肪が合成されてしまう為です。
沢山の量を習慣的に飲んでいる場合は注意が必要です。

 

煙草

煙草を吸った場合、煙草に含まれるニコチンの影響によって、体内でコルチゾールと呼ばれる、内臓脂肪やその供給源となる遊離脂肪酸を増加させてしまうホルモンが増えてしまうのです。

そして1日の摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないと、そのまま脂肪として蓄積されてしまうのです。

さらに、運動習慣がない事によって基礎代謝が低下してしまう恐れもあるのです。

 

 

遺伝は、肥満遺伝子という日本人の3人に1人の割合で保有していると言われるファクターの影響で、脂肪が溜まり易い体質である場合が挙げられます。

 

 

そしてこの脂肪が原因で起こり得る病気として、脂質異常症や内臓脂肪症候群があります。
前者は、放置しておくと動脈硬化を引き起こしやすくなり、最終的に狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血といった重大な病気になり得るのです。
後者も動脈硬化を起こしやすいので、避ける様にしましょう。

 

 

脂肪を落とす方法とは??

それでは増えすぎてしまった脂肪を落とす為には、どの様な方法があるのでしょうか。

 

もしも既に進行してしまった脂質異常症等の病気として診断された場合は、薬物療法を用いて落としていく事になります。

 

そして運動ならば脂肪を効率良く燃焼出来る、ジョギングやスイミングといった有酸素運動を取り入れましょう。

燃焼効果が出始めるのは、運動開始後20分以降なので、30分は動かす様にすると良いでしょう。

 

食べ物から対策を行う場合、糖質が多いメニューを避け、摂りすぎない様に注意をします。

 

青魚

更に青魚に多く含有されるDHAやEPAを積極的に摂取する様にすると、脂肪のみならず、悪玉コレステロールを減らす事も期待できます。

ただし、成人の必要量である1000mgのDHAを取り続ける為には、毎日マグロの赤身で言うと10人前を食べる事になるので、サプリメント等で補っても良いでしょう。

 

 

そして、酵素を摂取して燃焼し易い体質へと改善する事も対策として挙げられます。

 

酵素とは、体内で食べた物を消化したり、代謝をしたりする重要な役割を担っています。

そして酵素によって体の基礎代謝が上がると、脂肪燃焼の効率が上がって痩せ易い体質へと変身する事が期待出来るのです。

 

代謝

基礎代謝を挙げる為の運動に酵素をプラスすると、更に効率的に代謝を上げる事が可能です。

 

補給された酵素が体内に存在する酵素の消費を補うので、余剰分の体内酵素は代謝へとフルに回せるのです。
即日の脂肪除去は出来ないのですが、代謝を上げていく事で徐々に落とす事が出来るのです。他に酵素を摂取した場合に期待出来る効果として、

  • 消化の改善
  • 美肌
  • 冷え性改善
  • 免疫力の上昇
  • 便秘の改善

が挙げられます。

 

消化がスムーズになるので消化不良を防いでくれたり、老廃物の排出効率が上がったり、新陳代謝が上がるので血行が良くなったり、腸内環境の改善によって免疫力が上がる、腸内環境が整備される事で便秘を引き起こす悪玉菌の増加を防止してくれたりと体に様々な変化をもたらしてくれるのです。

 

 

酵素サプリは「生」であることが重要

そんな酵素ですが、生野菜や果物等身近な食材に含まれていますが、タンパク質が主成分である為、加熱によって失活しやすく、更に時間の経過によって機能が落ちてきてしまう、というデメリットもあります。

 

更に、加齢と伴って体内の酵素生産量が減少してしまうとも言われております。

 

30代以降、なかなかダイエットがうまくいかないというケースでは酵素減少による代謝の低下が考えられます。

 

そういう背景から、確実に酵素を摂取する場合はサプリメントがお勧めです。

 

まずサプリメントを選ぶ場合は、48度以上の加熱製造を行っていない生酵素サプリメントかどうかを確認しましょう。

 

カプセル状のサプリメントやドリンクによる酵素関連商品もありますが、それらは製法上の理由で高温加熱処理をしているものが殆どで、生酵素が変化してしまっている状態です。

 

先述の通り酵素は熱に弱く、加熱してしまうとその働きが鈍ってしまい、40以上で活性は急激に低下し、48度以上の熱では活性が停止してしまいます。

 

即ち、生きたままの生酵素をたっぷり摂取するのに重要なのは、高温処理を施していない商品を選択する事です。

 

そして、生酵素含有商品でもその量にも注目して下さい。

 

生酵素のサプリメントの主原料は植物発酵エキスであり、長いものでは3年程の熟成期間を要するため、商品によっては生酵素の含有量は僅かで他の成分が多く入ってしまっている、といった商品も流通しているのです。

 

しっかり成分や製法を確かめて、高品質の生酵素を効率的に摂取していきましょう。

 

管理人

生酵素サプリ選びや効果は私の体験談を参考にして下さい♪

矢印

生酵素サプリ効果体験談

ページの先頭へ戻る